産官学民連携シンポジウム「アート、デザインとICTテクノロジーのクロスプロデュースによるイノベーションによる地方創生・地域の課題解決と東日本大震災からの8年間を振り返って。」

Description
開催日時:2019.年5/25 土曜日12時~17時半
参加費:無料、但し資料代は実費
場所:東京 北の丸 東京国立近代美術館 講堂
主催・協賛・後援:学会、NPO、産業団体、総務省等

テーマ:アート、デザインとICTテクノロジーのクロスプロデュース
によるイノベーションによる地方創生・地域の課題解決と
東日本大震災からの8年間を振り返って。

趣旨:ICTテクノロジーベースのアートやデザインは既に実施されて
 いるが、その逆のアプローチ(アートやデザイン由来のテクノロジー
 やイノベーション)は可能性も含め未知未踏である。
  しかし先行する欧米や分野によって日本を凌駕する中とは違う
 土俵で世界の中で勝負し、産業や地域に活力をもたらすためには
 その可能性について論じておく必要がある。
  また頻発する災害への対応もハードのみならず制度等のソフトも
 含めて整備が急務であり、これが新たなイノベーションを産み出す
 母体になる可能性もある。
  これらについて異なる分野の識者に知見を提供頂き議論していく
 中で新しいプロデューサー像を模索する。

プログラム(案)変更の可能性があります。
12:00~12:10開会挨拶 研究・イノベーション学会 プロデュース
 研究分科会 主査 桜庭 大輔 氏
12:10~12:35基調講演:東京大学特任教授/日本顔学会設立発起人
 ・元会長  原島 博 氏

12:40~1440 パネル「アート・デザインとICTテクノロジーの
 クロスプロデュースによるイノベーション」 (司会未定)
東京国立近代美術館長 神代 浩 氏(文部省(現文部科学省)で生涯
  学習や伝統文化、科学技術政策等様々な分野の課長等を歴任、
  図書館・公民館活用にも注力)
富山県総合デザインセンター所長/富山県美術館副館長
  /デザインディレクター 桐山 登士樹 氏
  (伝統工芸と現代デザインを組み合わせ新しい富山商品の創出)
東京大学特任教授/日本顔学会設立発起人・元会長  原島 博 氏
NPOスマート観光推進機構 理事長 星乃 勝 氏
  (観光による阪神淡路大震災からの復興)
筑波大学 芸術系 助教/漫画家 山本 美希 氏
  (現役の漫画家で物語内容と表現手法の関係性を重視)
14:40~1450 休憩
1450~16:50 パネル「震災からの復興・再生、地域活性化」
 (司会未定)
 NPO STAND代表理事 伊藤 数子 氏
  (障碍者スポーツをネット中継等で支える)
 銀座パートナーズ法律事務所 弁護士/慶應義塾大学講師
  /元内閣府上席政策調査員/元原子力損害賠償紛争解決
  センター総括主任調査官 岡本 正 氏(著書に災害復興法学、
  東日本大震災で4千件を超える無料法律相談をデータベース
  化して法制化に結びつける)
 遠野市NPO Next Commons Lab. 多田 陽香 氏
  (Communication Spaceを活用した被災地)
元総務省 地域自立応援課長/元兵庫県企画県民部長
  /元熊本市副市長/元地域活性化センター事務局長
  /市町村職員中央研修所副学長 牧 慎太郎 氏
(兵庫県への出向時に全国の地域SNSの中心的存在
  「ひょこむ」を設立、その後も地域活性化に辣腕)
16:50~17:00 クロージング 元中国経済産業局長
 /東工大名誉教授 田辺 孝二 氏

17:00~17:30 懇親
以上
Sat May 25, 2019
12:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京国立近代美術館 講堂
Tickets
一般参加 資料冊子付 ¥2,500
一般参加 資料ダウンロード権利付 ¥1,500
主催・協賛・後援団体会員 資料冊子付 ¥2,000
主催・協賛・後援団体会員 資料ダウンロード権利付 ¥1,000
一般参加 資料不要(無料)
主催・協賛・後援団体会員 資料不要主催・協賛・後援団体会員 資料不要(無料)
学生 資料ダウンロード権利付(無料)

Combini / ATM payment will be closed at the end of May 24, 2019.

Venue Address
東京都千代田区北の丸公園3-1 Japan
Organizer
Shintarou Nakahara
52 Followers